ヒッチコック『断崖』の女優ジョーン・フォンテインさんが死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします - ジョーン・フォンテインさん - Bob Landry / Time & Life Pictures / Getty Images

 映画『断崖』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した女優ジョーン・フォンテインさんが、15日、カリフォルニア州カーメルの自宅で老衰のため、96歳で亡くなった。The Hollywood Reporterほか複数メディアが報じた。

 ジョーンさんは、1917年、父親が東京帝国大学で教べんを取っていたため東京の虎ノ門で生まれた。小さい頃、虚弱体質だったジョーンさんは、カリフォルニア州のサラトガで育つが、その後両親が離婚し、14歳の時に再婚した父親が住む日本を訪ね、日本のアメリカンスクールと聖心女子学院に通った。その後、アメリカに帰国して1935年に舞台デビューを果たすと、映画配給会社RKOと契約を結び映画界にも進出。そして、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『レベッカ』で注目され、『断崖』ではアカデミー賞主演女優賞を獲得した。

 ジョーンさんの姉は、映画『風と共に去りぬ』でメラニーを演じた女優オリヴィア・デ・ハヴィランド。映画出演をめぐって姉とのライバル関係も有名だった。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]