フィルム・ノワール女優オードリー・トッターさん、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします - オードリー・トッターさん - J. R. Eyerman / Time & Life Pictures / Getty Images

 映画『湖中の女』『郵便配達は二度ベルを鳴らす』などのフィルム・ノワールで知られる女優のオードリー・トッターさんがうっ血性心不全のため亡くなったとLos Angeles Times紙が報じた。95歳だった。

 シカゴとニューヨークでラジオ女優としてキャリアをスタートさせたオードリーさんは、1944年に週300ドル(約3万円)のギャラでMGMと映画契約を結び、短いながらも『罠』『ハイ・ウォール(原題) / High Wall』など記憶に残る作品を残したとThe Hollywood Reporterなどは報じている。

 強い悪女のイメージが強かったオードリーさんは、好まれる映画が犯罪サスペンスなどからドラマやコメディーへと移り変わった1951年にMGMとの契約を切られている。その後、医師のレオ・フレッド氏と結婚し家庭に入るが、1960年代からテレビ女優として再び活動。1987年にテレビドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」へのゲスト出演を最後に引退をしていた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]