オスカー最有力候補として話題の新作『それでも夜は明ける』がアメリカで再上映!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)アルフレ・ウッダード、キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ルピタ・ニョンゴ、スティーヴ・マックィーン監督、サラ・ポールソン - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 今年のトロント国際映画祭で観客賞を受賞し、オスカー最有力候補として話題の新作『それでも夜は明ける』が、映画館で再上映されることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

映画『それでも夜は明ける』場面写真

 フォックスサーチライトが製作/配給を手掛けた本作は、1841年にワシントンDCで誘拐され奴隷としてルイジアナ州の農場主エドウィンマイケル・ファスベンダー)に売られた黒人ソロモン(キウェテル・イジョフォー)が、自由を獲得していくまでの12年間を描いた実話を基にしたもの。ソロモン・ノースアップの伝記本を、映画『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン監督が映画化した。

 今回、これから開催される賞シーズンに合わせて、来年の1月17日から全米の各都市で限定公開することを決定したようだ。すでに、ゴールデン・グローブ賞とインディペンデント・スピリッツ賞で7部門、全米映画俳優組合賞で4部門にノミネートされていて、ますますオスカーに向けて話題が高まっていきそうだ。日本公開は来年3月7日から。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]