「HOMELAND」のモリーナ・バッカリン、モーガン・セイラーが第4シーズンからレギュラー降格

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲスト出演する可能性はあるとのこと - モリーナ・バッカリン(左)とモーガン・セイラー - Alberto E. Rodriguez / Getty Images for Entertainment Weekly

 テレビドラマ「HOMELAND」でダミアン・ルイス演じるニコラス・ブロディの妻ジェシカを演じているモリーナ・バッカリンと娘デイナを演じているモーガン・セイラーが、第4シーズンからレギュラーを外されることになったとTV Lineが報じた。

 二人にはゲスト出演するオプションは与えられているとのこと。過去にはレギュラーを外されたマイク役のディエゴ・クラテンホフが同様のオプションを与えられ、テレビドラマ「ブラックリスト」に出演しながら「HOMELAND」の第3シーズンにゲスト出演を果たしている。

 モーガンの降格には喜ぶファンが多いものと思われる。第3シーズンの前半でデイナがフィーチャーされるストーリーが放送されて以来、アンチ・デイナの視聴者が多く、インターネットでは彼女をバッシングする書き込みが後を絶たない。自殺を図ったエピソード後は、「『HOMELAND』の残念なところはデイナが自殺に成功しなかったことだ」「デイナ出過ぎ」「誰も何とも思っていないから早く死ね」など、きつい意見が多くみられる。

 モリーナは第3シーズンの撮影中は妊娠後期に入っていたため、出演はほとんどなく、娘デイナとの絡みでシーズン前半に少し顔を出しただけにとどまっていた。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]