渡辺謙&イッセー尾形出演の「沈黙」映画化に新キャスト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アダム・ドライヴァー、スコセッシの新作に出演! - Roger Kisby / Getty Images

 マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の小説「沈黙」を映画化する『サイレンス(原題) / Silence』に、コーエン兄弟の映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』やスティーヴン・スピルバーグの映画『リンカーン』などに出演している俳優アダム・ドライヴァーがキャスティングされることになったとShowbiz411が伝えた。

 本作の主人公・宣教師ロドリゴには映画『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールド、通訳の日本人役に渡辺謙、その他イッセー尾形も出演することになっている。ドライヴァーの役についての詳細は伝えられていない。

 HBO局の人気テレビシリーズ「ガールズ(原題) / Girls」で認知度が高まったドライヴァーは、大物監督とのタッグで着々とキャリアアップしている今後が楽しみな才能の一人。現在は、映画『キラー・インサイド・ミー』の脚本家ジョン・カランが監督を務めたミア・ワシコウスカとの共演作『トラックス(原題) / Tracks』が世界順次公開中。また、ノア・ボーンバック監督、ベン・スティラーアマンダ・セイフライドらと共演の映画『ホワイル・ウィアー・ヤング(原題) / While We’re Young』を撮影中だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]