キスマイ藤ヶ谷、役づくりのため高校時代の恩師を訪ねる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)斎藤工、仮面ティーチャー、遠藤憲一

 Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が映画初主演する『劇場版 仮面ティーチャー』 の完成披露プレミア上映会が22日、都内で行われ、藤ヶ谷と共演の斎藤工遠藤憲一が出席した。藤ヶ谷は「映画は初めてで、舞台あいさつも初めて。大事な瞬間になる。しかも、それが『仮面ティーチャー』で良かった」と喜びを語り、役づくりにあたって高校時代の恩師に自ら取材を行った秘話などを明かした。

『劇場版 仮面ティーチャー』完成披露プレミア フォトギャラリー

 会場に集まった約400人のファンの黄色い声援を浴びながら、羽織はかま姿で登場した藤ヶ谷は、「今から公開が楽しみ。ドラマ版からスケールアップしたところがたくさんあって、アクションや生徒たちの成長も見どころ」と本作の魅力をアピール。自身が演じる主人公・荒木剛太については「一生懸命で熱い男。そこにぜひ注目してほしい。人間味のある新しい日本のヒーローになると思う。皆さんがどう受け止めてくれるか今から楽しみ」とコメントした。

[PR]

 また、藤ヶ谷は「高2のときの担任が荒木剛太ととても考え方が似ていると思ったので、すぐに連絡を取って会いに行った」と役づくりにあたって恩師を訪ねたエピソードも披露。「先生に改めて、生徒と向き合うときは何を考えているのかなどについて質問した」としみじみと話し、そんな藤ヶ谷に共演の遠藤は「一つ一つ吸収する力がすごかった。現場でもすごくフランクで、周囲を温かく包んでくれた」と称賛の言葉を贈った。

 本作は、藤沢とおる原作の人気コミックをテレビドラマ化した「仮面ティーチャー」の劇場版。この日のイベントでは、ゲストの3人で映画の完成を祝し、鏡開きさながらの仮面開きを行い、映画のヒットを祈願。藤ヶ谷は「全力で一生懸命作りました。皆さんも全力で受け止めてくれるとうれしい」と最後まで本作をPR。斎藤も「ぜひ、劇場で体感してほしい邦画」と藤ヶ谷と共に本作の魅力を語っていた。(取材・文 名鹿祥史)

『劇場版 仮面ティーチャー』 は2月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]