「ザ・フォロイング」第2シーズンは凶暴さが控えめに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演のケヴィン・ベーコンも安心? - Bobby Bank / WireImage / Getty Images

 ケヴィン・ベーコン主演の犯罪ドラマ「ザ・フォロイング」の第2シーズンは、昨シーズンほど凶暴にはならないとクリエイターのケヴィン・ウィリアムソンがコメントした。

 テレビ批評家協会のプレスツアーに参加したウィリアムソンは、現在、第2シーズンの第11エピソードを撮影中で、そこまでのストーリーを見る限り、凶暴さは抑えられているとのこと。「今年はまったく違う番組作りをした。違うストーリーを、それにあった形で語っている」とコメントしながらも、第2シーズンの第1エピソードは血だらけであることを認め、「ちょっとしたバイオレンスが好きなんだ。申し訳ない」と語った。

 The Hollywood Reporterによると、同ドラマの第2シーズンは第1シーズンのフィナーレの1年後からスタートするとのこと。ケヴィン・ベーコン演じるライアンはこの間に立ち直り、再びFBIから事件捜査に手を貸してくれと頼まれ、新たな事件に関わっていくことになるという。

 新シーズンには映画『パーフェクト・センス』のコニー・ニールセン、テレビシリーズ「新ビバリーヒルズ青春白書」でシルバーを演じたジェシカ・ストループ、サム・アンダーウッドなどが加わる。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]