西田敏行、震災特別報道番組ナビゲーターに「後世に語り継いでいきたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
震災特別報道番組ナビゲーターを務める西田敏行

 俳優の西田敏行が、東日本大震災から3年の節目に放送される報道特別番組「テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと」(3月10日、TBS系列)でナビゲーターを務めることが明らかになった。福島県郡山市出身の西田は「東北出身の一人として震災の記憶を記録として後世に語り継いでいきたい」と意気込みを明かしている。

 同番組は、災害の際、人命救助の一つの目安とされる「72時間」に着目し、東日本大震災の発生から72時間に何が起きていたのかを追う報道特別番組。初めて公開される映像も交えながら、当時のVTRを分析。専門家の指摘と共に、実際に救出された人、救助にあたった人の生の声を紹介する。

 西田の起用は、被災地の気持ちがわかっている人にぜひ伝えてもらいたいという制作スタッフの強い希望で実現したという。「もし身動きがとれなくなったら、救出を待つ間に何をすればよいのか?」「普段から準備できることはあるのか?」。震災から学んだ教訓を生かし、大きな災害にどのように備えればいいかと考える良い機会になりそうだ。(編集部・福田麗)

報道特別番組「テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと」は3月10日よる9時~10時54分にTBS系列にて放送

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]