ジェシー・アイゼンバーグ、『バットマンvsスーパーマン』で悪役!ジェレミー・アイアンズが執事アルフレッドに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レックス・ルーサー役のジェシー・アイゼンバーグとアルフレッド役のジェレミー・アイアンズ - Hannes Magerstaedt / Getty Images, Jason Merritt / Getty Images

 映画『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグが、話題作『バットマン vs スーパーマン(仮題) / Batman vs. Superman』で悪役レックス・ルーサーを演じることが明らかになった。また、『ダークナイト』3部作でマイケル・ケインが演じた執事アルフレッド役は、『ダイ・ハード3』などのジェレミー・アイアンズが務める。

映画『マン・オブ・スティール』場面写真

 両者のキャスティングは現地時間1月31日に米ワーナー・ブラザースが正式発表。レックス・ルーサーはスーパーマンの宿敵として原作で描かれている人物で、『スーパーマン』(1978年)ではジーン・ハックマンが演じている。若手注目俳優のジェシー・アイゼンバーグが、どのような変貌ぶりを見せてくれるか楽しみだ。

 本作は、ワーナー・ブラザースが企画している映画『マン・オブ・スティール』の続編。監督のザック・スナイダー、主演のヘンリー・カヴィルが続投し、バットマン役はベン・アフレック、ワンダーウーマン役はガル・ガドットが務める。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki、編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]