ディズニー新作『アナと雪の女王』、歴代アニメ第2位に!全世界興収9億5,500万ドル突破

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『アナと雪の女王』より - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニー最新作『アナと雪の女王』が全世界で興行収入9億5,500万ドル(約955億円・1ドル100円計算)を突破し、『ファインディング・ニモ』を抜いて『トイ・ストーリー3』に続く歴代アニメーション作品第2位の大ヒットを記録した。

映画『アナと雪の女王』フォトギャラリー

 本作は、触ったものを凍らせてしまう秘密の力を持った姉が真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく旅に出た妹の冒険を描いたミュージカルアニメ。日本語吹き替え版声優を女優の松たか子神田沙也加が務めることでも話題だ。

[PR]

 全米では昨年11月に公開され、公開7週目で『ライオン・キング』の国内興収を超え、ディズニーアニメーション史上No.1を記録(ピクサー作品は除く)。今年1月末からは観客が一緒に歌って楽しめるシング・アロング版も公開され、公開11週目にして全米ボックスオフィスで第2位に返り咲くなど、今もなおヒットを続けている。

 また、その勢いはアメリカ国内のみにとどまらず、世界49か国でディズニー作品史上最高の興行成績を記録。うちブラジル、ロシア、韓国ほか23の国では、ピクサー作品を含めたディズニー作品の中で最高の成績をたたき出している(数字は配給調べ)。(編集部・中山雄一朗)

映画『アナと雪の女王』は3月14日より2D / 3D全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]