武井咲、『しんちゃん』最新作でアニメ映画声優に初挑戦!2年連続コロッケも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲスト出演を務める武井咲&コロッケ - (C) 臼井儀人 / 双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2014

 女優の武井咲が4月19日公開の『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』でアニメ映画声優に初挑戦することがわかった。武井は「小さいころに観た映画版の『クレヨンしんちゃん』に感動したことを今でも鮮明に覚えています。大人になってからも大好きなしんちゃんと共演することができてうれしいです!」と喜びを語った。

 「父ひろしがマッサージから帰ってきたら突然ロボットになっていた!」という奇想天外な物語が繰り広げられる本作で武井が演じるのは、下春日部警察署の女性警察官・段々原照代(だんだんばらてるよ)。いつも空回りばかりで署内ではトラブルメーカーといわれているが、ひそかに刑事になることを目指し、“ロボとーちゃん騒動”を専任で調査するキーパーソンだ。

 さらにこのたび、ものまねタレントのコロッケが前作『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』に続き、『しんちゃん』史上初の2年連続でゲスト声優を務めることが決定。父親復権を叫ぶ謎の組織「父ゆれ同盟」の科学者・頑馬(がんま)博士を演じるコロッケは、「2作品連続で出演できるなんて、うれしくて飛び上がりました。皆さんに喜んでもらえるよう、ものまね以上に頑張ります!」と意気込んだ。

[PR]

 二人の起用についてテレビ朝日・岸本隆宏プロデューサーは、「野原家と共に事件の謎に挑む段々原役には、フレッシュな魅力にあふれ、作品が目指す幅広い層に高い人気を誇る武井咲さんにぜひともお願いしたいと思いました。さらに、コロッケさんにはロボットになった父ひろしの向こうを張って、十八番のモノマネ『ロボ五木ひろし』も、どこかで披露してもらえないかと画策しております」と明かしている。(編集部・中山雄一朗)

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』は4月19日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]