ディーヴォのギタリスト、ボブ・キャセールさん死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)ジェラルド・キャセール、ボブ・マザースボウ、マーク・マザースボウ、ボブ・キャセールさん - Victor Spinelli / WireImage / Getty Images

 1980年のヒット曲「ウィップ・イット」などで知られるバンド、ディーヴォのギタリスト、ボブ・キャセールさんが心不全のため亡くなった。61歳だった。

 「ボブはディーヴォのオリジナル・メンバーとして最初から僕と一緒にいました。冷静な弟で、ゆるぎないパフォーマーでもあり、才能あるサウンド・エンジニアで、常に自分が得た以上に人に与える人物でした」と兄で同じくディーヴォの創設メンバーであるジェラルドはバンドのウェブサイトに声明を出している。

 Rolling Stone誌によると、ディーヴォは1991年に一度解散しているが、5年後に再結成し、この20年間コンサートツアーを続けてきたという。2010年には20年ぶりとなるアルバム「サムシング・フォー・エブリバディ」をリリースしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]