がん検査を受けていたブライアン・メイ、異常なしの朗報をファンに伝える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファンにがん検査の結果を報告したブライアン・メイ - Ethan Miller / Getty Images

 クイーンのメンバーでギタリストのブライアン・メイが、昨年末にがんの精密検査を受けたところ、結果は異常なしであった朗報を、自身の公式サイト内のブログ、Brian’s Soapboxで報告した。

 メイは昨年クリスマス頃に、立ち上がることが困難なほどの痛みを腰部分に感じ、MRI検査を受けたところ、骨に異常が見つかり早急に精密検査を受けることになった。

 メイはその時の心境を、「多くの大切な友人たちが、がんと闘っており、自分の父親も今の僕と同じ66歳で、がんで亡くなっているので、さまざまな不安を感じざるをえない」とサイトでコメントしていた。

 しかし、がん検査の結果は陰性であったことが判明。メイは、「すべてのテストが、いい結果で戻ってきた。数週間前には危ぶまれた病気の可能性も、今では排除された」と朗報をファンに伝えている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]