剛力彩芽、芝居に不安も…初ラブストーリーお披露目に緊張!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「まずは胸キュンしてもらいたい」と語った剛力彩芽

 女優の剛力彩芽が10日、新宿バルト9で行われた映画『L・DK』完成披露舞台あいさつに出席し、女子中高生から絶大な支持を集める人気コミックを実写化した思いを語った。この日はほかに山崎賢人中尾明慶岡本玲桐山漣川村泰祐監督も来場した。

映画『L・DK』作品情報

 剛力にとって初主演映画となる本作は、恋に奥手な女子高生・葵(剛力)が、なぜか学校一のイケメン・柊聖(山崎)と同居生活を送ることになるさまを描いたラブコメディー。満員の客席に笑顔を見せた剛力は「徐々に公開が近づいているんだなという気持ちと、それでもまだ実感が沸かないという気持ちがあって。皆さんは今日、初めて映画を観る方々なので、緊張と不安でいっぱいですが、まずは胸キュンをしていただけたらと思います」とあいさつ。

[PR]

 単行本発行部数が累計400万部を突破する人気のコミックの映画化にあたり剛力は「原作を読ませてもらって、これは心臓が持たないぞと思いました」と述懐。「本当に至るところに胸キュンがあって。わたしの中にそんなかわいらしい要素があるのかと思いました。ラブストーリーも初めてでしたし、大丈夫かな、ちゃんとお芝居ができるのかなと不安でした」と正直な心境を吐露する。

 撮影に入ってからも原作を何度も読み込んで役づくりをしたといい「わたし自身が照れる姿が、葵ちゃんが動揺するような心境に生かせたらいいなと思いました」と剛力。自身の演技について「表情はすごく大事にしたいと思いました。オーバーなリアクションが葵ちゃんのかわいさなので。それが自然にできるためにはどうしたらいいのか悩みました。柊聖との距離感とか、動揺する部分といったところを大切にしましたね」と明かした。

 一方、『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』のメガホンを取ったラブコメの名手・川村泰祐監督は「人気漫画が原作ということだったが、このキャストを揃えてもらったのでうまくいくかなと感じた」と自信を見せる。さらに「映画を観てもらったらわかると思いますが、キャストの皆さんがすごくキャラクターにマッチしている。皆さんのおかげでいい映画になった」と剛力たちの演技を称賛した。(取材・文:壬生智裕)

映画『L・DK』は4月12日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]