「がんこちゃん」あきやまるなさん死去に共演者も沈痛…「今も声が聞こえる」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ざわざわ森のがんこちゃん」でかっぱのラッパーの声を担当したIKKAN - 画像はブログのスクリーンショト

 NHK「ざわざわ森のがんこちゃん」のがんこちゃん役で知られる声優のあきやまるなさんが8日、虚血性心不全のため59歳で死去したことについて、同番組で共演した俳優で演出家のIKKANが13日にブログを更新、悲痛な思いをつづった。

 IKKANは「がんこちゃん」でかっぱのラッパーの声を担当。息子も大好きな番組だったといい、起用されてから最初の収録を「あのがんこちゃんの声を一番近くで聞きながら、いつも子供のことを思い出して、懐かしくて幸せな気持ちになっていた」と振り返った。

 昨年交通事故のため死去した、桜塚やっくんこと斎藤恭央さんのキャラクター「スケバン恐子」を発案したことでも知られるIKKAN。そのため、あきやまさんの死を伝えるニュースで「がんこちゃんの…」というタイトルを目にしたとき「やっくんが亡くなったときのことをすぐさま思い出した」といい、「しばらく愕然とした」と告白した。

[PR]

 さらに番組キャスト全員が「がんこちゃんを愛していた」と付け加えたIKKAN。最後は、あきやまさんに呼び掛けるように「るなさん 今も頭のなかで、がんこちゃんの声が聞こえます」とつづり「ご冥福をお祈りします」と故人をしのんだ。

 あきやまさんは、1954年4月17日生まれ、東京都出身。「がんこちゃん」のほかにも、テレビアニメ「忍者ハットリくん」の夢子役、「銀河漂流バイファム」のペンチ・イライザ役などでも知られる。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]