「半沢直樹」のオネェ検査官・黒崎は本作からインスパイア? 塩谷瞬や軽部監督が明かす!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
熊切あさ美、塩谷瞬

 3日、映画『歌舞伎町はいすくーる』初日舞台あいさつが新宿ミラノにて行われ、主演を務めた塩谷瞬熊切あさ美軽部進一監督ら総勢20人が登壇した。

映画『歌舞伎町はいすくーる』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 「とにかくぶっ飛んだ作品」と塩谷は第一声を上げると「監督が新宿という街にこだわり、この劇場(の上映スケジュール)が空くのを待ったんです。大人になっても青春を忘れず追い求める姿に共感して、この作品から何かきらめくものを一つでも見つけてもらえたらうれしいです」と作品をアピール。また劇中にゲスト出演しており、昨年10月に交通事故により他界した桜塚やっくん(本名・斎藤恭央さん)に「やっくん、初日開けたよ」と呼びかけていた。

[PR]

 この日、塩谷と相棒を組んだ片岡愛之助は、舞台「酒と涙とジキルとハイド」(作・三谷幸喜)本番前日のため、欠席。だが塩谷は「僕がどう人物を立体化するか悩んでいたのですが、愛之助さんが、アドリブ芝居も快く応じてくださいました。とても優しい兄貴です」と絶賛。

 また軽部監督も久々の現代劇出演となった愛之助について「愛之助くん自身が現場でエンジョイしていましたね。(愛之助の)弟子の片岡愛一郎くんも、ゲイボーイの役でこの作品に出ているのですが、(ドラマ「半沢直樹」で愛之助演じた金融庁のオネェ検査官である)黒崎の役づくりの参考になったって言っていたんですよ」と舞台裏を明かした。

 一方、愛之助と交際報道が出ている熊切は、あいさつ中に登壇者からイジられる場面もあったが、劇中で塩谷や愛之助の前でセクシーなバーレスクダンスを披露したことについて「ダンスのことでいっぱいいっぱいでしたが、観られている中で踊ることはとても気持ちよかったです」と満足そうな笑顔を見せていた。

 本作は、もとはしまさひでのコミック「定時制歌舞伎町高校」を実写映画化。金もうけに飽きた不動産会社社長が、歌舞伎町のど真ん中にある定時制高校に通い始めたことによって起きるさまざまな騒動を描く。この日は辻やすこ河本タダオ城後光義高木友工藤竜太十勝花子乃木太郎山本淳平蛯沢康仁松田くれな新名洋行榎本鉄平上原智杉加世田剛、ゲストとして千葉真一の息子・真剣佑(まっけんゆう)、寺西一昭安里公夫も登壇した。(磯部正和)

「歌舞伎町はいすくーる」は新宿ミラノほか公開中 全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]