宇津井健さん死去 慢性呼吸不全のため 82歳 「赤い」シリーズなど

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宇津井健さんご冥福をお祈りいたします - 画像は2012年撮影のもの

 俳優の宇津井健さんが14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため82歳で死去した。所属事務所がFAXを通じて発表した。

 宇津井さんは1931年10月24日生まれで東京都出身。俳優座出身で、1953年の映画『思春の泉』で主演デビューを飾った。翌年に新東宝と契約し『人間魚雷回天』『雷電』などに出演。1963年には大映と契約した。

 1965年から放送されたテレビドラマ「ザ・ガードマン」では、市民を守るため奮闘する部下を率いる高倉隊長を演じ、1971年まで継続する長寿番組に。さらに1974年からは「赤い迷路」「赤い疑惑」などの「赤い」シリーズで山口百恵と共演し、絶大な人気を得た。

[PR]

 2006年には、藤岡琢也さんに代わって、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に岡倉大吉として出演。そのほか近年も映画『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』『』HOME 愛しの座敷わらし『シグナル~月曜日のルカ~』『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』などに出演した。

 故人の意向により通夜・告別式は密葬にて身内と親族のみで執り行うとのこと。後日「お別れの会」が開かれる。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]