『大統領の執事の涙』の監督/脚本家コンビが手掛けるヒップホップドラマに歌手メイシー・グレイが出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メイシー・グレイの出演が決定! - David Livingston / Getty Images

 映画『大統領の執事の涙』でタッグを組んだリー・ダニエルズ監督と脚本家ダニー・ストロングが手掛ける予定のテレビドラマ「エンパイア(原題) / Empire」のパイロット版に、歌手メイシー・グレイが出演することになったとThe Hollywood Reporterが報じた。

映画『大統領の執事の涙』写真ギャラリー

 本作は、アメリカのチャンネル、Foxのもと企画されている番組で、ヒップホップ界を舞台に、レコードレーベル、“エンパイア”を率いるルーシャス・リオンを主人公にした作品。そのルーシャス役に映画『ハッスル&フロウ』のテレンス・ハワードが挑戦し、そのルーシャスの元妻クッキー・リオン役をテレビシリーズ「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』のタラジ・P・ヘンソンが演じることになっている。そしてこのたび、メイシー・グレイが、すでに出演が決定しているラッパー、Yazz The Greatestが演じるハキーム・リオン役と不倫する女性ターシャ役で出演することになったようだ。

 同作では、ダニー・ストロングは脚本を担当し、リー・ダニエルズは初めてテレビドラマの監督を務め、映画『J・エドガー』、『ラッシュ/プライドと友情』のブライアン・グレイザーが製作総指揮を任されている。優秀なスタッフが結集したドラマで、かなり話題になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]