ミュージカル界の王子・浦井健治、古田新太からのプレゼントに胸キュン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャルルになりきって登壇した浦井健治

 劇団☆新感線の人気舞台を映画館で上映する「ゲキ×シネ」最新作『ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」』の試写会イベントが24日、都内で行われ、出演者の浦井健治が出席した。作品の舞台裏を劇中の役柄そのまま、ハイテンションで語った浦井は、主演の古田新太から財布をプレゼントされたことも明かし「For Youって書いてありました。(胸が)キュ~ンですよ。家に大事に飾ってあります」とうれしそうに語った。

シャルルが登場! フォトギャラリー

 本作は、空海の秘宝に隠されたお宝をめぐり、大泥棒石川五右衛門(古田)をはじめとする個性豊かなキャラクターたちが、殺陣あり、笑いありの大騒動を繰り広げる超豪華エンターテインメント。若きイケメン探偵・明智心九郎に三浦春馬、女盗賊・猫の目お銀に蒼井優など豪華俳優陣が参加し、上演時には、劇団☆新感線史上最高となる約13万人を動員した。

[PR]

 新感線の舞台は「薔薇とサムライ」に続いて2度目の参加となった浦井は、天然おバカキャラのシャルル・ド・ボスコーニュ役で出演。この日はシャルルの「最高だ~」という決めセリフとともに満面の笑みで登場し、観客の喝さいを受けた。

 シャルルは必死さゆえにいつもテンパっていて、人からはウザイと思われている人物。浦井はそんなシャルルを演じて以来、「地に足がついてないねといわれる」と言われるなど、周囲の反応が変わってきていること明かし、観客の笑いを誘う。

 さらに人よりも大きな動きをしてしまうことから、「薔薇とサムライ」ではズボンのお尻が破けたという浦井。今回は衣装係が当て布をしてくれたので大丈夫だったなど、舞台裏のエピソードを話すたびに客席からは笑いがもれる。また共演者については、三浦春馬にぞっこんの様子で「春馬くんは、歌もダンスも殺陣も何でもできる。みんなも目がハートになると思う」と語っていた。(福住佐知子)

映画『ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」』は3月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]