シネマトゥデイ

朝ドラ出演決定の窪田正孝、不良映画でまさかのダンスを披露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
NHK連続テレビ小説「花子とアン」にも出演が決まっている窪田正孝

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロイン・吉高由里子の幼なじみ役に抜てきされた俳優の窪田正孝が22日、シネマート六本木で行われた映画『ガチバン クロニクル』の初日舞台あいさつに出席。不良映画ながらまさかのダンスシーンが含まれている本作について共演者たちと語った。

佐野和真、窪田正孝、荒井敦史ら若手俳優が勢ぞろい!『ガチバン クロニクル』舞台あいさつフォトギャラリー

 同作はヤンキーたちによる死闘を描く人気シリーズ第20弾。ヤンキー専用動画投稿サイトで母校の評判を高めようと、ヤンキーたちがプロモーションビデオ制作に乗り出す姿を描く。シリーズ初のトリプル主演作として、佐野和真、窪田正孝、荒井敦史が演じた歴代番長が勢ぞろいしている。

[PR]

 佐野、窪田、荒井をはじめ、上鶴徹鈴木身来元木隆史監督も登壇し、さながら男子校のように息の合ったトークが繰り広げられた舞台あいさつ。注目のダンスシーンの話題になると、佐野は「新しい試みだと思いました」とコメント。窪田と荒井はダンスシーンがあると台本を見て初めて知った時のことを「『あ、ダンスするんだ』って思いました(窪田)」「2度見しました(荒井)」と笑いながら振り返っている。

 また、シリーズ初のトリプル主演作について佐野は「3人並んだ瞬間を画で観た時に『おぉ、並んでいるな』って鳥肌が立ちました」とシリーズ最多出演しているだけに感慨深かった様子。窪田も「信頼している感じがすごくあって、数あるヤンキーものの中でも『ガチバン』はいいなって思いました」と楽しそうに同調すると、荒井は映画の中でPV撮影も行うことから「『キャメラ回して』とか『準備よっしゃ!』とか言うのが現場ではやっていました」と現場の様子を語って笑いを誘った。

 ファンからの質問に俳優陣が気さくに答えたり、ダンスのリクエストに佐野がくるりと回ってみせたりと、和気あいあいと会場を盛り上げていた。(中村好伸)

映画『ガチバン クロニクル』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]