GACKT、北川景子と夢の中で付き合っていたと告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最後は悪夢だった!? 3日前の夢について語ったGACKTと北川景子

 女優の北川景子とミュージシャンのGACKTが24日、東京国際フォーラムで行われた映画『悪夢ちゃん The夢ovie』の完成披露舞台あいさつに出席した。最近よく予知夢を見るようになったというGACKTは、3日前に北川が自分の夢に登場したと告白した。

ももクロも登場!舞台あいさつフォトギャラリー

 「3日ほど前ですけど、夢に景子ちゃんが出てきた」と切り出したGACKT。「夢の中でまぁ、(二人は)付き合っているわけですけど、最初は雰囲気が良かったのに、後半になって変わってしまって」と続け、「(夢の中で北川に)突然、水で満タンになったマグカップを渡されて、それを飲み干すと『もう一杯』って言われて。3杯目まで飲み干したんですけど、冷たい声で『まだ』って言われて。そのままずっと飲み続けて、最後は叫びながら起きました」と明かし、会場をどよめかせた。

[PR]

 映画のタイトルに掛けて「予知夢と違って、悪夢はどうしようもない」と続けたGACKT。そこでこの日、ともに登壇していた小日向文世が「歳をとるとね、いろいろユルくなるんですよ。おねしょをしないよう気をつけろという夢だったんじゃないですか」と横槍を入れると、会場は大爆笑。GACKTも苦笑いする中、北川はGACKTの夢に自分が登場したことに「すごくうれしかった」と笑顔を見せていた。

 この日はそのほか、出演者の優香木村真那月マリウス葉(Sexy Zone)、佐藤隆太、MCの岡田圭右(ますだおかだ)、馬場典子アナウンサーら豪華メンバーが出席。さらにイベント終盤、北川の事務所の後輩で主題歌を担当する、ももいろクローバーZも「北川先輩!」と飛び入り参加し、本作の「宣伝大使」を務めることや、スペシャルドラマの告知を行った。

 本作は恩田陸の小説「夢違」が原案のSF学園ファンタジーテレビドラマの劇場版。GACKTは本作について「温かい作品に仕上がった」とコメントし、北川も「ドラマよりもスケールアップしていますので楽しんでください」と自信をのぞかせていた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『悪夢ちゃん The夢ovie』は5月3日より全国東宝系で公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]