事故死のポール・ウォーカーさん、『ワイルド・スピード』最新作に登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポール・ウォーカーさんがボディーダブルとCGIで出演へ - Dave J Hogan / Getty Images

 昨年11月に自動車事故で亡くなった俳優のポール・ウォーカーさんが、ボディーダブルとCGIで映画『ワイルド・スピード』最新作の『ファースト・アンド・フューリアス 7(原題) / Fast & Furious 7』に出演することになったという。

映画『ワイルド・スピードX2』よりポールさんフォト

 「ポールの体に似た俳優を4人雇い、彼らがCGIのベースと動きに使われます。顔と声はCGIで再現されます」と情報筋はNew York Daily News紙に語っている。

[PR]

 同映画の最終シーンはジョージア州アトランタで撮影されたが、ドミニクを演じているヴィン・ディーゼルはポールさんの事故という悲劇が役づくりに影響を与えたとFacebookで明かしている。

 「ドミニクの思考への切り替えは以前から自分でも興味深く感じていた。でも今回は、この作品をシリーズ最高のものにするという、さらに大きな目標があった」とヴィンは言い、ポールさんと一緒に撮った最後のシーンの写真も掲載。

 「撮り終えようとしているこの映画をみんなで共有したプライド、その魅力を映画で捉えられたこと、ここまでやれたことなど、不思議な達成感がある。『ファースト・アンド・フューリアス 7(原題)』は2015年4月10日に公開だ! P.S. きっと彼も君たちに一番に知ってもらいたかったと思う」とヴィンは付け加えている。

 前作の『ワイルド・スピード EURO MISSION』は世界興行収入が5億ドル(約500億円)を超えている。(1ドル100円計算)(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]