芝生みたい?柳楽優弥の丸刈りに妻・豊田エリー困惑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妻・豊田エリーを困惑させた柳楽優弥の丸刈り

 4日、赤坂ACTシアターで舞台「金閣寺」の初日開幕直前会見が行われ、主演の柳楽優弥水橋研二水田航生市川由衣、演出の宮本亜門が出席した。本作で金閣寺の若僧を演じる柳楽は役のため丸刈りで舞台に挑むが、妻の豊田エリーから「芝生みたい」と困惑されたことを笑顔で明かした。

柳楽優弥、丸刈りに笑顔!フォトギャラリー

 本作は三島由紀夫の原作を宮本が2011年にKAAT 神奈川芸術劇場のこけら落としのため上演した舞台の再演作。前回からキャストも新しくなり、宮本は「改作といってもいいくらい」とリニューアルされた本作の魅力を話す。稽古場ではキャスト陣にかなり厳しい演出を行ったといい、柳楽は「(宮本は)優しいと聞いていたんですけど、とても厳しい方でした。(宮本)亜門さんに叱咤(しった)されながら役に挑みました」と振り返った。

[PR]

 今作で役のため丸刈りにし、実際に京都の寺へ体験修行にも行ったという柳楽。自身の丸刈りについて「今まで長い髪が多くて、これで2回目。楽ですね。自分でもすごく触ってしまうんですよ。これからはこれでいきたいと思った」と感想を述べたが、家に帰ると妻の豊田から「それだと他の役ができないでしょ」と否定的なコメントをされたことも笑顔で告白した。

 柳楽が最後に「周りのキャストに支えられながら、僕の代表作にするという強い気持ちで明日から(舞台に)挑みたいと思います」と意気込むと、宮本も「代表作になると思います」ときっぱり。「それくらい踏み込んでいたし、涙を超えるすごい状態に全員が1回なっていた。僕も楽しみです」とエールを送っていた。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「金閣寺」は4月5日から19日まで赤坂ACTシアターにて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]