再結成のモンティ・パイソン、海外ツアーは断念 個々のスケジュールの問題

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・パリン、エリック・アイドル、テリー・ジョーンズ、テリー・ギリアム、ジョン・クリーズ - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 今年7月に再結成を果たす英コメディーグループのモンティ・パイソン(以下、パイソンズ)が、海外ツアーを断念したことが明らかになった。Mirror Onlineが報じた。昨年11月の再結成発表直後から、パイソンズは海外での公演の可能性を探っていたが、個々のメンバーの予定が詰まっていたため、実現には至らなかったという。

 パイソンズは今年7月1日から同20日にかけて、ロンドン・O2アリーナで計10回の公演を開催予定。パイソンズによるステージでのショーは1980年9月に行われた米ハリウッド・ボウルでのパフォーマンス以来、約34年ぶりとなるため、チケットは争奪戦となっていた。

 当初より海外ツアーの可能性を示唆していたパイソンズだったが、このたび広報を通じて「世界中から多くのオファーをもらい、そのうちのいくつかを前向きに検討してきましたが、今後3年はメンバーが他のプロジェクトで忙しいため、実現することはできませんでした」と声明を出し、海外ツアーを断念したことを明らかにした。

 また、パイソンズによると、再結成は7月のO2アリーナ公演がおそらく最後になるとのこと。そのため、ショーは豪華なものを予定しているといい、「お気に入りのスケッチやミュージシャン、ダンサーをフィーチャーしたスペクタクルになりますし、セットや照明はロンドン五輪の閉会式を担当したチームが手掛けます」とコメント。パイソンズのキャリアを締めくくるにふさわしい大舞台になりそうだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]