中尾明慶、父親ならでは悩みを告白!子どものためにピーマン嫌いを克服したい

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子どものためにピーマン嫌いを克服したい! - 中尾明慶

 俳優の中尾明慶が5日、都内で行われた主演映画『俺たちの明日』の初日舞台あいさつに出席し、子どものためにピーマン嫌いを克服したいという父親ならではの悩み明かした。中尾は昨年10月、夫人で女優の仲里依紗との間に第1子男児が誕生している。

映画『俺たちの明日』フォトギャラリー

 「明日、奇跡が起こせたら」というお題でトークをする中、中尾は「実は僕、ピーマンが食べられないんですよ」と告白。「子どもがいるので、これは僕の中ではけっこう重大な悩み。この先子どもと食事をしたりするのに、やっぱり好き嫌いを父親がしていたらまずいなって思うんです」と語ると、「明日起きて、ピーマンが食べられるようになっていたらいいなって思います」と父親ならではのトークで会場を盛り上げた。

[PR]

 この日はほかに、主演の眞木大輔平田満武田真治大東駿介橋本一郎佐津川愛美中島良監督が出席。中尾は劇中、眞木が演じる主人公リュウの一本気な舎弟タカシ役で出演しており、「近未来のぐちゃぐちゃとした時代の、直球ストレートで、野生的で、動物的な勘のある人間」と役柄を説明すると、「野生の猿になったつもりで演じました」と会場を笑わせた。

 「1年前から撮影してきて、ようやく初日を迎え、この作品からようやく解放される喜びを今日、感じています」と初日の感想をしみじみ語った中尾。一方、共演の武田は「このお話は始まって早々に血みどろになったり、女子の方は目を覆いたくなるようなシーンが多いですが、最後には皆さんの心に希望のような前向きになれるような何かを必ず残します」と作品をアピール。中尾らとの撮影を惜しむように「かなわないだろうけどこのメンバーでまたパート2を作りたい」と続編への願望も明かしていた。

 本作は天才的な泥棒が盗みに入った質屋で訳ありな男たちと遭遇したことから、思いも寄らぬトラブルに巻き込まれていくさまを描いたクライムムービー。(取材・文 名鹿祥史)

映画『俺たちの明日』は新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]