次元が主役の「ルパン三世」スピンオフ、場面写真が公開!若きルパン&次元を描く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
若かりしころの次元&ルパン! - 原作:モンキー・パンチ(C)TMS

 「ルパン三世」の人気キャラクター・次元大介を主人公にしたスピンオフ新作『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』より、若き次元大介とルパン三世を捉えた場面写真が初公開された。次元とルパンがまだ出会って間もないころを描いているだけあって、それぞれのビジュアルも新たな一面を見せるものとなっている。

若かりしころの次元&ルパン!フォトギャラリー

 同作は、2012年に放送されたテレビアニメ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」に続くスピンオフシリーズ第2弾。孤高のガンマン・次元大介を主人公に、彼がルパンと「相棒」になっていくさまを、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションで描く。監督は『REDLINE』などの小池健。次元大介役の小林清志をはじめ、声優は栗田貫一(ルパン三世)、沢城みゆき(峰不二子)、山寺宏一(銭形警部)といったおなじみの面々が務める。

[PR]

 先日都内で行われたアフレコに臨んだ栗田は、本作とテレビスペシャルとの違いについて「やっぱり、ダークでダーティーな感じかな? スペシャルなどでの関係とはちょっと違って、そこまで温まっていない男同士っていうか」と明かすと、「特に今回は、次元大介というガンマンとルパン三世が出会ってそれほど時間がたっていなくて、互いに信頼もしていなければ仲間意識もない、でも徐々にそれが芽生えていく過程にある」と見どころを語った。

 また、硬派なイメージの作品になっているといい、栗田が「男くさい、悪いヤツ同士の友情みたいな。そこがよく出ている作品じゃないかな。こういうのはこういうのでやったほうがいいと思う。こっちのルパンが好きっていう人もかなりいると思うんですよ。ポップなルパンもいいけど、ダーティーなルパンもいいというか」と言えば、小林も「ダーティーというか人間くさい。関係が人間くさいということですかね。ただ、オンエアできるかどうかというシーンがほかにありますね。逆に楽しみかな」とこれまでの「ルパン三世」とは一線を画した作品であることをうかがわせた。

 小池監督いわく、今回はどうやってルパンと次元が仲間になっていったのかをフィーチャー。「ルパンの魅力に惹(ひ)かれていく次元とか、次元がルパンと一緒に行動し始めるきっかけなどを、しっかり描いていきたいなと思っていたんです」と制作の裏側を明かしている。

『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』は6月21日~27日、新宿バルト9にて期間限定特別上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]