剛力彩芽、初主演映画の公開に涙!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初主演映画の公開に涙を流した剛力彩芽

 女優の剛力彩芽が12日、都内で行われた初主演映画『L・DK』の初日舞台あいさつに登壇し、感激の涙を流した。声を震わせながら、剛力は「緊張や不安もありましたが、周りの方々が温かく迎えてくださり、本当に楽しく撮影させていただきました。今日公開ですが、ある意味ここからがスタートだと思っています」と初日を迎えた心境を述べた。

映画『L・DK』フォトギャラリー

 映画を見終えた観客の前で、剛力は「ここへ立つ前から、すごく緊張して、皆さんがどういうふうに思ってくださっているのか心配でした」と明かすと、「初日と考えただけで泣きそうになりました。今はまだ落ち着いて考えられる状況じゃないです。初日という実感もまったく湧きません。たぶん、後からじわじわ来るのだと思います」と心境を吐露。舞台あいさつの最後には声を震わせ、目頭を押さえて感激する場面も見られた。

[PR]

 この日は、世界15か国での上映が決まったことも発表され、剛力は「恋する気持ちは世界共通。この作品が海を越えて、いろいろな人の元に渡っていけばうれしい」と笑顔を見せた。また、プロモーションで訪れたという台湾での試写を振り返り、「海外だと笑うポイントなどが全く違っていて面白いです。恋愛映画といっても、世代や男性女性関係なく楽しんでいただける作品だと思います」とアピールした。

 本作は渡辺あゆの同名人気コミックの映画化作品。恋に奥手な女子高生と人気者のツンデレ男が、秘密の同居生活の中で互いの距離を縮めていく姿を描く。この日の舞台あいさつには剛力の他、山崎賢人中尾明慶岡本玲桐山漣川村泰祐監督も登壇。剛力の相手役を務めた山崎は満席の客席を見渡し、剛力同様「こんなにたくさんの人に見に来ていただけてうれしい」と感激の表情を浮かべていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『L・DK』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]