長澤まさみ×金城武×チャン・ツィイー出演のジョン・ウー作品、3Dに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
3Dの長澤まさみに期待! - 『太平輪』のキャスト陣とジョン・ウー監督 - TPG / Getty Images

 映画『M:I-2』『レッドクリフ』シリーズなどでおなじみのジョン・ウー監督が手掛ける新作『太平輪(米題 The Crossing)』が、3Dに変換されることがVarietyほか複数メディアで伝えられた。

長澤まさみ出演映画『太平輪』フォトギャラリー

 本作は、1949年1月27日に1,000人以上の死者を出した海難事故「太平輪沈没事故」を描いた作品。予算5,000万ドル(約50億円)をかけたこの作品は、中国版「タイタニック」になるのではないかと話題になっている大作。そのストーリーは、数組のカップルの運命を2部作で描いており、キャストには、チャン・ツィイーホァン・シャオミン、日本からも長澤まさみ金城武黒木瞳らおなじみの顔が出演している。(1ドル100円計算)

[PR]

 そしてこのたび、今作の配給会社ラ・ビジョン・ピクチャーズは、本作を通常の2Dから3Dに変換し、近年中国国内で一挙に増えたシネコンのデジタルや3Dに対応し、より集客しようと決断を下したようだ。

 2部作に分かれた今作は、今年の12月に第1部を公開し、第2部を中国の旧正月かバレンタインデーをめどに公開する予定だ。もっとも、中国と一部のアジア圏では2部作になるようだが、その他の海外では1作にまとめて公開するようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]