ダイアン・キートンに過食症の過去…1日2万キロカロリーを摂取

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人生でどん底の時期だったわ - ダイアン・キートン

 68歳のダイアン・キートンが、20代のころに過食症で苦しんだと健康バラエティー番組「ドクター・オズ・ショー」で語った。

ダイアン・キートン出演!映画『恋愛適齢期』フォトギャラリー

 「人生でどん底の時期だったわ。わたしは自分や世間をだまし、肥満であることを隠そうとしていたの」と話すダイアンは、1日に約2万キロカロリーもの食事を摂取しては吐いて過ごしていたという。

[PR]

 そんな生活を4年間続けた彼女は、現在もこれからも自身は常に回復途中にあると考えているそうで、過食症に悩む人の気持ちがとてもよく理解できると語った。

 現在は、食べ物よりも2人の養子、デューク(13歳)とデクスター(18歳)に気持ちが切り替わっているとのこと。「今のわたしは、子育てにベストを尽くすことで頭がいっぱいだわ。2人ともティーンエイジャーだから、もう子供ではないけれどね」とコメントしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]