堂珍嘉邦、“真実の愛”とは「シンプルに信じることかな」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
舞台あいさつに登壇した堂珍嘉邦

 17日、辻仁成監督最新作『醒めながら見る夢』が初日を迎え、舞台あいさつに主演の堂珍嘉邦高梨臨石橋杏奈村井良大が登壇した。この日欠席となった辻監督からは「撮影中にいろんな奇跡が起きました。映画とは奇跡を起こす芸術なんです。この映画は歴史に残る作品になったと自負しています。映画大好きです。またスクリーンでお会いしましょう!」とメッセージが届いた。

映画『醒めながら見る夢』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 辻監督はキャストへのメッセージも寄せており、「堂珍くんは目力がすごい。高梨くんの作品に対するひたむきさには頭が下がった。石橋くんはビックリするくらい芝居がうまく、飲み込みも早い。村井くんは演技のために生まれてきたような人間だ」とそれぞれを絶賛。キャスト陣を恐縮させた。

[PR]

 同作で人気演出家・優児役を務める堂珍は、『真夏のオリオン』(2009)以来となる2作目の映画出演で初主演。「辻監督自らの演技指導もあってやりやすい現場だった」を明かした。

 また、作品にちなんで“真実の愛”について聞かれたキャストたちは「シンプルに信じることかな」(堂珍)、「どんなときでも味方でいてくれることかな」(高梨)、「その人のことをどれだけ思いやれるかということかな」(石橋)「見返りを求めない無償の愛かな」(村井)とそれぞれに答えていた。

 本作は、2011年に堂珍が主演した同名音楽劇の映画化作品。古都・京都を舞台に、真実の愛を求めてさまよう男女の喪失と再生の物語。主題歌は辻監督の書き下ろしで、堂珍が歌唱を担当している。(福住佐知子)

映画『醒めながら見る夢』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]