AKB木崎ゆりあ、深々と頭下げる 襲撃事件は「悲しい出来事」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「とにかくわたしたちにできることを一生懸命やっていきたい」と決意を語ったAKB48木崎ゆりあ

 28日、AKB48と株式会社ダーツライブのコラボレーション・ダーツプロジェクト「DARTSLIVE×AKB48」の記者発表会が都内で行われ、先日、フジ系バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」のリハーサル時に左手関節橈骨(とうこつ)遠位端骨折を負った木崎ゆりあ小嶋真子伊豆田莉奈田野優花相笠萌向井地美音が出席した。

AKB48木崎ゆりあ&田野優花らフォトギャラリー

 冒頭では、25日に岩手県で開催された握手会で、メンバーの川栄李奈入山杏奈、スタッフ1名が刃物を持った男に襲われ手や頭などを負傷した事件について、木崎が「先日、悲しい出来事が起こってしまったのですが、りっちゃん(川栄)、あんにん(入山)とスタッフさんが早く元気になって、一緒にお仕事したいなって思います。これからもAKB48をよろしくお願いします」と集まった多くの報道陣を前に深々と頭を下げた。

[PR]

 その後も、事件に関する質問などが制限される中、言葉少なながらも事件後に川栄、入山と連絡を取ったことを明かし、「今はとにかくわたしたちにできることを一生懸命やっていきたい」と決意を述べ、気持ちの面での動揺は「大丈夫です」としっかりとした口調で答えていた。

 また、近づく「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」(6月7日開票)についても「あっという間ですね。前回22位だったので、それより上にいきたい。気負わず、イベントとしても楽しみたい。選抜メンバーは狙っています。前回はダブルピース、今回はワンピース(12位)はいきたいですね」と笑顔を見せながら、意気込みを語った。

 同プロジェクトは、ダーツの魅力を普及させるためにAKB48とコラボレーションして発足したもの。ダーツ未経験のメンバーたちが腕前を上達させながら、より多くの人に魅力を伝えていく。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]