リメイク版『オールド・ボーイ』のポスターデザインをめぐり訴訟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スパイク・リー監督 - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 アカデミー脚本賞にノミネートされた映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』などの名匠スパイク・リー監督が、リメイク版『オールド・ボーイ』のポスターデザインをめぐり訴訟を起こされていることがThe Hollywood Reporterなどにより明らかになった。

主演はジョシュ・ブローリン!『オールド・ボーイ』フォトギャラリー

 リー監督や彼の製作会社フォーティ・エイカーズらを相手取って訴訟を起こしているのは、グラフィックデザイナーのファン・ルイス・ガルシア。ガルシアは昨年11月、『オールド・ボーイ』のポスターデザインを広告代理店から発注され、アイデアやイメージをプレゼンし採用されることになったものの、提示されたギャラがあまりに安かったため、断ったという。しかし、ガルシアによれば彼のアイデアが無断で使用され、一銭も支払われていないばかりか、異議を申し立てたところ、不服を申し立てるのなら法的措置を取ると代理店に脅されたという。

[PR]

 この対応について、リー監督本人の助けを得るべく公開状を出したところ、リー監督は自らのツイッターで、「彼を雇った覚えもないし、名前も知らない。僕に訴えてくるなんて、安っぽい手法だ」と取り合わなかった。

 そのガルシアがついに、カリフォルニア州連邦裁判所に対し、リー監督側への告訴を提出。内容は、「被告が、原告に相応の使用料を支払った場合にのみ、ポスターデザインを使用し、またマーケティングのために活用することを認めるものであったが、支払いは全くなされていない」というもの。今のところ、リー監督側からの正式コメントは得られていない。『オールド・ボーイ』は6月28日より日本で公開される。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]