オバマ大統領の長女、スピルバーグ監督の新ドラマに参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリウッドへようこそ! - (左から)ファーストレディーのミシェル・オバマ、長女マリア・オバマ、オバマ米大統領、次女サーシャ・オバマ - Handout / Getty Images News / Getty Images

 バラク・オバマ米大統領の15歳の長女マリアが、スティーヴン・スピルバーグ監督の新テレビドラマ「エクスタント(原題) / Extant」で制作アシスタントを務めたとThe Wrapが伝えた。

 マリアは、ハル・ベリー主演の同ドラマの撮影現場で仕事をしたとのこと。「コンピューター関連でサポートをしたほか、監督はあるシーンでカチンコ係をさせていました」と情報筋はコメントしている。カチンコを任されたマリアは、「初体験よ。大役だわ」と笑っていたという。

 TMZ.comによると、マリアは特別扱いはされず、あくまでアシスタントとしてキャストのために飲み物を届ける役割が主だったとのこと。このほかに、撮影中に歩行者が通らないよう注意を促すスタッフの手伝いもしていたらしい。

[PR]

 マリアは、ファーストドーター(米大統領の娘)であるため、もちろんシークレットサービスが彼女の警護に当たっていたそうだが、距離を置き、目立たないように目を光らせていたという。

 オバマ米大統領は、2012年のPeopleのインタビューで、マリアが映画製作の仕事に興味を持っていることを明かしている。また、ファーストレディーのミシェル・オバマは、「父親に似て、読書や映画が大好きな子です。でもまだ高校1年生なので、大学卒業までにさまざまな興味を模索できることも理解しています」と付け加えていた。マリアは9月から高校2年に進学する。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]