圧巻!『るろうに剣心』等身大の志々雄真実座像が登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
等身大の志々雄真実座像

 映画『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』に登場する志々雄真実の等身大座像が28日、新宿ピカデリーでお披露目された。また展示を記念して、志々雄真実を生み出したキャラクターデザインの澤田石和寛、特殊メイクや特殊造形を担当した小此木謙一郎が登壇し、制作秘話を語った。

映画『るろうに剣心 京都大火編』場面写真

 同座像は、劇中で藤原竜也が志々雄を演じる際に着用したスーツを使用したもの。全身に包帯を巻き、異形な風体で剣心の前に立ちはだかる志々雄のスーツについて、澤田石は「包帯だと立体感がなく、見栄えのいい素材を探していた。するとレザーでも包帯を表現できると言われ、その方が面白いと思った。レザーとラバーを組み合わせてスーツを作った」と説明。また、小此木は「藤原さんの体にフィットする衣装を作るため、石こうで型を取り、全身像も作った。体と顔の合計で3時間かかった。そのかいがあって、いい衣装ができた」とご満悦の様子だった。

[PR]

 志々雄のイメージについて、澤田石は「剣心と対峙(たいじ)するのだから、絶対的な存在として作りたかった。なので、龍をイメージした。剣心と最初に会う時は蛇で、戦いが進むにつれ衣装も変化していき、包帯が取れると龍になる。そんなイメージを持ってキャラクターを作った」と語った。

 志々雄真実座像は新宿ピカデリーの1階に展示されており、7月5日から毎週末の13時~15時は、志々雄真実の横に座って、駒形由美の気分に浸ることやツーショット写真を撮ることもできる。また、佐藤健の着用した剣心の衣装や未採用ポスターなども展示される。

 『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は原作ファンの間でも人気の高い「京都編」をベースに、主人公・緋村剣心と日本転覆を企てる最凶の敵・志々雄真実の激闘を描いた作品。(取材・文/波江智)

映画『るろうに剣心 京都大火編』は8月1日より、『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]