『007』新作、撮影開始に遅れ 脚本のリライトが理由

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ - Ferdaus Shamim / WireImage / Getty Images

 ダニエル・クレイグサム・メンデス監督が『007 スカイフォール』に続いてタッグを組む映画『007』シリーズ第24作の撮影開始が、当初予定されていた今年10月から12月へずれ込むことになったとMail Onlineが報じた。

映画『007 スカイフォール』フォトギャラリー

 同作の脚本は『グラディエーター』『アビエイター』を手掛け、前作『007 スカイフォール』でも共同脚本家としてクレジットされていたジョン・ローガンが単独で担当。だが、その脚本にゴーサインが出ず、ジョンと共に『007 スカイフォール』の脚本を担当したニール・パーヴィスロバート・ウェイドが急きょ呼び戻されることになったのだという。

[PR]

 ニールとロバートは、ピアース・ブロスナンがボンドを演じていた1999年の映画『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』から5作連続で脚本家を務めている常連コンビ。二人はローガンの脚本を改稿し、「パンチを加える」ことを求められているとのこと。

 関係者は「大事ではありませんが、ちょっとした騒ぎにはなりました」と認めると、最短でも12月の撮影開始になることを明かした。ただし、公開スケジュールに変更はなく、予定通り来年10月23日にイギリスで封切られる予定となっている。

 同作は、ジェームズ・ボンドの活躍を描いた映画『007』シリーズ第24作。前作『007 スカイフォール』の直接の続編になるといわれており、同作のサム・メンデス監督が引き続き、メガホンを取る。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]