小説に無断で名前を使われたスカヨハ、出版社に勝訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
称賛のつもりでもダメよ - スカーレット・ヨハンソン

 フランスのベストセラー小説「ザ・ファースト・シング・ウィー・ルック・アット(英題) / The First Thing We Look At」に無断で名前を使われたとして出版社JC Lattesを訴えていたスカーレット・ヨハンソンが勝訴したとThe Sunが報じた。

スカヨハが声で出演!映画『her/世界でひとつの彼女』フォトギャラリー

 小説には、本人だと勘違いしてしまうほどスカーレット・ヨハンソンにそっくりだと表現されている女性が登場し、この女性とほかのセレブとの情事などがストーリーに盛り込まれている。スカーレットの弁護士は、これを人格権の不正使用だと主張したという。

[PR]

 しかし、作家のグレゴワール・ドラクールはスカーレットの美しさに敬意を表するためのキャラクターだと反論。「最高の称賛のつもりでした。彼女は典型的な現代の美女です。人間性があり、少しだけ弱さも見られます。象徴的な素晴らしい女優です。この本は彼女への愛の告白のようなものなので、読んだらお花でも贈ってくれるかと思っていました。彼女がこんな騒ぎを起こすことがわかっていたら、ほかの女優を選べばよかった」とグレゴワールは語っている。

 勝訴と言っても、求めていた4万ポンド(約680万円)の損害賠償のうち、勝ち取ったのは2,000ポンド(約34万円)。今後、同小説の翻訳、映画化、テレビドラマ化など、将来的に脚色されることや著作権を移管することの禁止も求めていたが、これらは棄却されてしまったという。(1ポンド170円計算)(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]