生瀬勝久&中村雅俊、新ドラマで足の引っ張り合い!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
息の合ったやりとりを見せた生瀬勝久、水川あさみ、中村雅俊

 水川あさみが12日、主演を務めるTBSのテレビドラマ「東京スカーレット~警視庁NS係」の舞台あいさつに、共演の生瀬勝久菅原大吉近藤公園キムラ緑子中村雅俊と共に登壇した。刑事としての使命感に燃えながらもアラサー女子としての現実に悩む主人公・鳴滝杏を演じる水川は、「毎日刺激的で最高に楽しい撮影をしています」と感想を述べた。

水川あさみ主演ドラマ「東京スカーレット~警視庁NS係」舞台あいさつフォトギャラリー

 「尊敬する先輩方に囲まれてお芝居ができることは、とても贅沢でうれしい」と喜ぶ水川は、「生瀬さんが毎日アドリブをかけてくるのでそれにどう挑もうか、いつも一生懸命頑張っています」と告白。しかし、それをなぜか無表情でスルーしようとする生瀬は、水川から「(このコメント)ダメ?」と聞かれると「俺まだしゃべる時間じゃないから。俺の時間たっぷり取ってあるから」とつれない態度で笑いを誘った。

[PR]

 生瀬がふんするのは、鳴滝とコンビを組むやさぐれ刑事・阿藤宗介。これまでも多くのドラマで刑事を演じてきた生瀬は、「たくさん出ていると『また生瀬が出ている』というイメージになってしまう」と苦労を語り、「いろいろローンを抱えていますから、生き残りのために何かしら新しいキャラクターをつけなければいけないと思いまして、阿藤宗介に懸けました。まぁ今まで見たことのない生瀬が登場します! 笑いなしです」と声高に決意表明。

 そんな生瀬だが、中村から「確かに俺も感じました。普段よりもすごく台詞がゆっくり……。ただそれだけだと思うんです」と突っ込まれてタジタジ。「台詞をゆっくり話すってすごく技術がいるんです。同じ役者でしょ! なんで足の引っ張り合いをするんです!?」と非難すると、「今俺の時間でしょ!」とやり返されて撃沈。丁丁発止のやり取りに会場は爆笑に包まれた。

 本作は、捜査一課の刑事だけがつけることを許された赤バッジを胸に、新設されたNS係の面々が東京で起こるさまざまな事件を解決していきながら、そこに関わる人々の心情を浮き彫りにしていく“女性目線”の新しい刑事ドラマ。(取材・文:鶴見菜美子)

テレビドラマ「東京スカーレット~警視庁NS係」は7月15日午後10時よりTBS系にて放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]