布川隼汰、離婚した両親に対し「特に言うことはないです」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
布川隼汰

 17日、映画『チェイン/CHAIN』の完成披露試写会が東京・アキバシアターで行われ、出演者の布川隼汰菅井玲渡辺裕之高橋明日香井上幸太郎朝山日出男、そして細井尊人監督が登壇した。

出演者が笑顔で登壇!映画『チェイン/CHAIN』の完成披露試写会フォトギャラリー

 同作は新潟県長岡市の全面協力の下、冬の新潟を舞台にネット社会の闇を描いたサスペンスホラー。布川は心霊研究会所属のオタク高校生を好演。布川は役づくりについて「オタクについては研究しましたが、心霊は苦手……だから苦労しました」と吐露。

[PR]

 さらに「2週間泊まった新潟のホテルで、1日金縛りにあったり、夜中にPCの電源が勝手に入ったりと……」と恐怖体験も告白した。先月離婚を発表した父・布川敏和と母・つちやかおりについて問われると、「僕ももう成人しているし、特に言うことはないです。この映画でも見て、元気になってもらえれば」と冷静にコメントしていた。

 格闘シーンやエロチックなシーンにも挑んだ主演の菅井は、「いつも泣いていました。監督も怖かったし」と撮影を振り返った。それに対し渡辺は「『追い込んでいくといい感じの演技ができる女優』と監督が読んで、そういうアプローチをしたんです。限られた予算と時間で作るインディペンデント映画では、そういうことを考えることは必要」と諭していた。

 また、本作はクエンティン・タランティーノ所有のニュー・ビバリー・シネマで先行上映され、今年5月に開催されたジャパン・フィルム・フェスティバル ロサンゼルス 2014でも上映。細井監督いわく「海外でも観てもらいたいと、もともと企画段階で考えていた」と企画当初より世界を視野に入れていたという。また渡辺は、「脚本を見たとき、『化けるかもしれないな』と思ったんです。日本のホラーって高く評価されていますよね。だからその化けたところに自分も行けるかもって期待しています」と作品のレベルの高さをアピールしていた。(取材・文:桂伸也)

映画『チェイン/CHAIN』は8月9日より渋谷アップリンクにて先行公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]