ジェイソン・ステイサム、これまでの役は「みじめなタフガイ」 初のパパ役で父性が?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パパのほほ笑み - 映画『バトルフロント』より - (C) Homefront Productions, Inc. 2013

 映画『バトルフロント』で初めて父親役に挑戦したジェイソン・ステイサムが、今作を通して「僕の中に何かが起きた」と自身に変化が起きたことを告白し、以前彼が演じてきた役柄を「いつもみじめなタフガイ」だったと表現した。

パパと娘の抱擁シーンも!『バトルフロント』写真ギャラリー

 本作は、自ら破滅させた麻薬組織からの報復に、元麻薬潜入捜査官(ステイサム)がたった一人で娘と我が家を守るために立ち向かうさまを描くハード・クライム・アクション。製作当初、脚本を執筆したシルヴェスター・スタローンが主演も務める予定だったが、ステイサムの才能にほれ込んだスタローンが彼に役を譲ったという。

[PR]

 『トランスポーター』『アドレナリン』などで知られるステイサムは、これまでの役柄について「僕が演じてきた役は、いつもみじめなタフガイで、コミック本に登場するようなキャラクターが多かった。あまり多くの感情もなく、自分以外の存在と多くの愛情を共有しない」と振り返っている。また「心の琴線に響いたし、これまでとは違う挑戦になると思った。僕の中に何かが起きたんだ」とコメント。今回の父親役が彼にとっての転換期となっているようだ。

 さらに同作での演技について「今回は普段見慣れない僕の柔らかい一面を見られるから、今までよりもっといろんな人たちに共感してもらえると思うよ」と自信満々の様子。今回公開された場面写真で、満面の笑みを浮かべて優しげな父親の顔を見せている彼からもこの余裕が感じられることだろう。

 ちなみに本日26日は、ステイサム47歳の誕生日。昨年9月にステイサム本人が公式Facebookで誕生日を公表してから初めて迎える誕生日は、ファンからのバースデーメッセージがやまない1日となるに違いない。(編集部・井本早紀)

映画『バトルフロント』は8月9日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]