クリスチャン・ベイルがモーゼ役!リドリー・スコット史上最大の予算を投じた『エクソダス』来年1月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『エクソダス:神と王』は2015年1月公開! - (c) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

 映画『ダークナイト』シリーズのクリスチャン・ベイルが預言者モーゼにふんしたリドリー・スコット監督最新作『Exodus: Gods and Kings』の邦題が『エクソダス:神と王』に決まり、2015年1月より日本公開されることがわかった。

 旧約聖書「出エジプト記」を基にした本作。紀元前1300年、栄華を誇ったエジプトを舞台に、兄弟同然に育てられたエジプト王・ラムセスに反旗を翻し、40万人のヘブライの民を救うため“約束の地”を求める長い旅に出るモーゼの姿を映し出す。ラムセス役を『華麗なるギャツビー』のジョエル・エドガートンが務めるほか、ベン・キングズレーアーロン・ポールシガーニー・ウィーヴァージョン・タートゥーロら実力派が脇を固めている。

 豪華キャストを迎えた本作はスコット監督いわく「ストーリーや登場人物の目線から作品と向き合いながら、モーゼという歴史上の人物にデリケートかつ深く踏み込みつつ、(自身の監督作として)過去最大の予算を投じた」映画になったという。預言者モーゼと狂気の王ラムセスという運命に翻弄(ほんろう)された二人をめぐるエモーショナルなドラマはもちろんのこと、広大な砂漠を舞台にした強大なエジプト軍とのし烈な戦い、エジプト全土を襲う巨大な規模の災い、そしてあまりにも有名な紅海の海割れなど、映画史上かつてないスケールで描かれるであろうスペクタクルに期待が膨らむ。(編集部・市川遥)

映画『エクソダス:神と王』は2015年1月より全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]