オーランド・ブルーム、ジャスティン・ビーバーに殴り掛かる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オーランド・ブルームとジャスティン・ビーバー - Tony Barson / FilmMagic / Getty Images(右)

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのオーランド・ブルーム(37)が現地時間30日、スペインのイビサにあるレストランの外で歌手ジャスティン・ビーバー(20)を殴ろうとしたことがわかった。

ケンカの原因はこの美女?フォトギャラリー

 オーランドはジャスティンに殴り掛かったものの、自分のしていることに気付いたらしく、手をひっこめ、接触はしなかったとのこと。TMZ.comが入手した映像からは、ジャスティンが「よう、ビッチ」とわめいているのがわかる。周囲にいた客がオーランドの行動に拍手すると、ジャスティンはその場を立ち去ったという。レストランにはパリス・ヒルトン、P・ディディなども居た。

[PR]

 なぜケンカが始まったのかは明らかではないが、今回のいざこざの後、ジャスティンはミランダ・カーの写真をInstagramにアップしており(現在は削除済み)、彼女をめぐるいさかいだったのではないかと推測されている。ジャスティンはオーランドがまだミランダと結婚していた2012年に、ミランダとの仲を報じられたことがあった。また、今年4月にはオーランドがジャスティンの元恋人セレーナ・ゴメスと食事をしていることから、これも要因の一つだったのではないかといわれている。

 ある関係者は「オーランドは暴力的な人ではなく、平和主義者です。でも、ジャスティンを含め、女性に敬意を表さない人は許しません。過去にも悪口を言われたことを知っているオーランドは、ジャスティンに思い知らせてやる必要があると感じています」とHollywoodLife.comにコメントしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]