オーランド・ブルーム、日本語でファンに「ミンナダイスキ!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ミンナダイスキ!」 - オーランド・ブルーム

 俳優のオーランド・ブルームが27日、六本木のザ・リッツ・カールトン東京で行われた映画『ケープタウン』来日記者会見に登壇し、「ミンナダイスキ!」と日本のファンにメッセージを寄せた。

まさに美男美女!オーランド・ブルーム&佐々木希フォトギャラリー

 オーランドが日本で記者会見を行うのは、2007年5月の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』以来7年ぶり。この日はテレビ、新聞など合わせておよそ200人近い報道陣が詰め掛けるなど、その人気ぶりは相変わらず。会場に現れたオーランドは開口一番、「日本に戻って来られてうれしいです。23歳のときに『ロード・オブ・ザ・リング』で来日した際の素晴らしい記憶があって、いつも日本に戻りたいと思っていました。(明日の帰国まで)大好きな日本食と日本文化を味わって帰りたい」とあいさつ。

[PR]

 昨日早朝に羽田空港に降り立ったオーランドだが、「その後は何をしていた?」という質問に、「昨日は原宿、渋谷といろいろと歩き回ったり、日本食を食べたり、スイミングもしましたね」と返答。短い時間ながらも日本滞在を楽しんでいるようだった。

 本作でオーランドは、仕事はできるが女にだらしなく、酒を手放せない刑事を熱演。劇中では胸や腕の筋肉が盛り上がった超マッチョな姿も披露し、入れ墨が目を引くワイルドな風貌に変身している。この役について「このキャラクターは演じがいがあると思って(オファーを)受けることにしました」と語ったオーランドは、「監督と話したときに、自分はファイナルカット権(映画を最終的な形に編集する権利)を持っているから、振り切って挑戦しました」と満足げな笑顔。さらに日本のファンに向けて「いつも応援してくれてありがとう。(日本語で)ミンナダイスキ!」とメッセージを送った。

 その後、花束ゲストとしてモデル・女優の佐々木希も登場。「オーラが強い。映画もかっこいいですが、生もかっこいいですね」と切り出した佐々木は、「わたしは彼の肉体美にやられてしまいました。普段はとても頼りなくて、みんなからも信頼されていない役ですが、最終的には頼れる存在になる。そういう人には女性も惹かれるんじゃないかと思います」と感想を述べる。すかさず「これからのヨーロッパでのPRは、佐々木さんにやってもらおうかな」と提案するオーランドに、「ついていきます!」と笑顔を見せる佐々木であった。(取材・文:壬生智裕)

映画『ケープタウン』は8月30日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]