“数学者”カンバーバッチに“兵士”ブラピ!ロンドン映画祭ラインナップ発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オープニングはカンバーバッチでクロージングはブラピ! - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images(左)

 現地時間3日、第58回ロンドン映画祭のプログラム発表会が開催された。英国映画協会(BFI)ディレクターのアマンダ・ネヴィルが、昨年の映画『ゼロ・グラビティ』の規模の大きさやスティーヴ・マックィーン監督の活躍など、国の支援を受けたイギリス映画界の隆盛をたたえるあいさつをし、次いで映画祭ディレクターのクレア・スチュワートが全容を明かした。

クロージング作品『フューリー』場面写真

 オープニングを飾るのはモルテン・ティルドゥム監督の『ジ・イミテーション・ゲーム(原題) / The Imitation Game』。テレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」でワクワクさせる謎解きを見せたベネディクト・カンバーバッチが、第2次世界大戦時、暗号解読に挑んだ実在の数学者アラン・チューリングを演じる。キーラ・ナイトレイマシュー・グードマーク・ストロングと豪華キャストがそろった。

[PR]

 豪華さではクロージングのデヴィッド・エアー監督作『フューリー』も負けていない。先日、長年のパートナーであるアンジェリーナ・ジョリーと晴れて結婚したブラッド・ピットが、シャイア・ラブーフローガン・ラーマンらと共に、たった5人で敵に向かった戦車フューリーの乗組員を演じる戦争ドラマだ。

 日本からは、スチュワートが「とてつもなく感動させる」と絶賛した河瀬直美監督の『2つ目の窓』をはじめ、『渇き。』(中島哲也監督)、『TOKYO TRIBE』(園子温監督)、『さいはてにて-かけがえのない場所-』(チアン・シウチュン監督)、アニメーション『ジョバンニの島』(西久保瑞穂監督)が参加する。

 ほか、実話を基に大富豪による五輪メダリスト殺人事件を描き、早くもアカデミー賞候補と目されるベネット・ミラー監督の『フォックスキャッチャー(原題) / Foxcatcher』や、名優アラン・リックマンの監督2作目となる『ア・リトル・カオス(原題) / A Little Chaos』、手書きのムーミンに癒やされるグザヴィエ・ピカルド監督アニメ『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』など、長編だけでもさまざまなタイプの245作品が上映される。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

第58回ロンドン映画祭は現地時間10月8日から19日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]