長谷川博己、共演女優に「言葉もないくらいかわいい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
言葉もないくらい、かわいいですね - 長谷川博己

 周防正行監督の最新作『舞妓はレディ』公開直前イベントが6日、新宿明治安田生命ホールで行われ、上白石萌音長谷川博己富司純子田畑智子草刈民代渡辺えり竹中直人高嶋政宏らキャスト陣が劇中で歌った曲を歌いながら登場し、貴重な生歌で会場を魅了した。この日は周防監督も登壇した。

歌って踊る!長谷川博己&上白石萌音フォトギャラリー

 上白石は舞妓姿で主題歌「舞妓はレディ」を熱唱し、会場に向かって「皆さん、こんにちは。お越しやす。よろしゅうおたのもうします」とあいさつ。会場からは「かわいいー」と声援が上がった。800名を超える候補者の中から選ばれ、主人公の少女・春子を演じた上白石だが、舞妓姿の自分について「最初見たときは、『白いなあって……』」と素直な感想をもらし、「でも舞妓になると、背筋が伸びて『しっかりしなきゃ』って思えるので、着物のパワーてすごいなって……」と撮影を振り返っていた。

[PR]

上白石萌音は舞妓姿で登場!

 そんな上白石の舞妓姿を長谷川は「言葉もないくらい、かわいいですね」と称賛。撮影については「言語学者の役だったので、方言が大変だった。歌やダンスも恥を捨てて振り切るしかないと思い、やらせてもらった」と苦労を明かした。歌と踊りも披露する長谷川のはじけた演技は、本作の見どころの一つとなっている。

 20年前から温めていたという同作について周防監督は、本作をミュージカル仕立てにした理由を「京都のお茶屋さんってとてもファンタジーなんです。そんな部分を伝えるのには、歌と踊りがぴったり。ハッピーで楽しい作品になった」と自信たっぷりにコメントした。

 本作は、『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などで独自の着眼点を発揮してきた周防監督が「舞妓」の世界を脚本も手掛け映画化したドラマ。舞妓になることを目指して、京都のお茶屋の世界に飛び込んだ少女・春子の成長していく姿をユニークかつハートフルに描く。(福住佐知子)

映画『舞妓はレディ』は9月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]