高田延彦、スカヨハは「スタンダードな美女じゃない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アフレコに挑戦した小宮浩信(三四郎)と高田延彦

 タレントで元格闘家の高田延彦とお笑い芸人三四郎小宮浩信が30日、都内にて映画『サボタージュ』の日本語吹き替え版の公開アフレコにチャレンジした。高田は、今後共演してみたい女優にスカーレット・ヨハンソンの名前を挙げ、「スタンダードな美女じゃないけど、とてもすてき。彼女と共演なら、女房も喜んで送り出してくれるでしょう!」と語った。

高田延彦&小宮浩信アフレコ中!フォトギャラリー

 本作は、アクションスターとして名高いアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、麻薬取締局特殊部隊のリーダーが、仲間の命を奪っていく事件の真相に迫るサスペンスアクション。アフレコ収録が初めてだという小宮は、「『最初に殺される役』と聞いていて、セリフは少なめだろうと安心していたら、結構たくさんあって焦っちゃって……」と不安をのぞかせていたが、公開収録でしっかり決めるたびに「完璧ですね!」と満足げな表情を浮かべていた。

[PR]

 一方の高田は、サム・ワーシントン演じるチームの副リーダー・モンスターの吹き替えに挑戦。これまでも何度かアフレコの経験はあったものの、今回は長回しのセリフなどもあり苦労したようで、「画面を見ればシュワちゃんでしょ? 映画自体に引き込まれて、マイクに近づきすぎて何度も怒られちゃいましたよ」と苦笑いを見せていた。

 高田と小宮は今回初共演だが、息はぴったり。高田の印象を「昔から格闘技も好きでよく見ていました。だからすごく緊張しています、うまくしゃべれないし……」と語ると、すかさず高田が「それはいつもだろう!?」とツッコミ。現場での仲の良さをうかがわせた。(取材・文:桂伸也)

映画『サボタージュ』は11月7日よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]