エリック・バナ、クリス・パインらと共演へ 実際に起きた石油タンカーの救出劇を描く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エリック・バナとクリス・パインが沿岸警備隊に! - Stuart Wilson / Stephen Lovekin / Getty Images(左)

 映画『きみがぼくを見つけた日』や『トロイ』のエリック・バナが、1952年に実際に起きた石油タンカー事故の救出劇を描く映画『ザ・ファインネスト・アワーズ(原題) / The Finest Hours』に出演することになったとDeadline.comが伝えた。

エリック・バナがNY市警に!『NY心霊捜査官』フォトギャラリー

 同名ノンフィクション小説の映画化である本作の主演には、すでに映画『スター・トレック』シリーズのクリス・パインが決まっており、バナは、沿岸警備隊において、パイン演じるバーニーの指令役の曹長を演じる。その他、ケイシー・アフレックも出演予定。

 映画『ザ・ファイター』の脚本を手掛けたポール・タマシーエリック・ジョンソンが本作の脚本の初稿を仕上げ、同じく『ザ・ファイター』の脚本を手掛けたスコット・シルヴァーが、ゴーサインの出た最新版の脚本を担当。監督は、映画『ラースと、その彼女』や『ミリオンダラー・アーム』のクレイグ・ギレスピー。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]