「こじ坂46」オリジナル楽曲を初披露!小嶋の胸を生駒が触ろうとする振りも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
小嶋の胸を生駒が触ろうとする振りも! - (C) AKS

 AKB48小嶋陽菜率いる“こじ坂46”が15日、六本木ブルーシアターで行われた「乃木坂46 アンダーライブ セカンド・シーズン」のステージにサプライズ登場し、オリジナル楽曲「風の螺旋」を初披露した。

【写真をもっと見る】「こじ坂46」がサプライズ登場

 先月17日の「AKB48グループ じゃんけん大会」で、小嶋が1回戦の対戦相手・生駒里奈の所属グループである乃木坂46のメンバーを引き連れ、“こじ坂46”として登場したことから誕生した同ユニット。

[PR]

 「じゃんけん大会」一夜限りのユニットと思われた“こじ坂46”だったが、この日のライブ中盤、「乃木坂46の公式ライバルかもしれません」という紹介と共に、小嶋や生駒をはじめ、乃木坂46の川後陽菜斉藤優里中田花奈永島聖羅ら6名が突如、ステージに登場。「わたしたち“こじ坂46”です!」とあいさつし、会場からは大きな歓声が上がった。

 “こじ坂46”はこれを機にメンバーを一挙に16名に増員。次々に追加メンバーが発表され、16名がステージにそろうと、オリジナル楽曲「風の螺旋」を初パフォーマンスした。

オリジナル楽曲を初披露した“こじ坂46”

 「風の螺旋」はダンスの振りにも“こじ坂46”らしさが出ており、小嶋が「ありがたい限りです」と語るように、他のメンバーの振りに対して小嶋の振りだけが明らかに簡単なものに。さらに「じゃんけん大会」で小嶋に「わたしが勝ったらおっぱいを触らせてください」と懇願するもかなわなかった生駒が小嶋の胸を触ろうとする振り付けも取り入れられている。

 パフォーマンスを終えた小嶋はテンションが上がったのか、いきなり生駒を“こじ坂46”の総監督に任命。最後は「お邪魔しましたー!」と満足そうに手を振りながらステージを後にした。

 “こじ坂46”のオリジナル楽曲「風の螺旋」は、11月26日にリリースされるAKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」のタイプDにカップリングとして収録される。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]