ディズニーが描く日本の夕焼け!『ベイマックス』何だか懐かしくなるポスター公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
何だか懐かしい……! - 映画『ベイマックス』本ポスター - (c) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ベイマックス』の本ポスターが公開された。使用されたビジュアルは今回日本のために特別に制作されたもので、テーマはズバリ「日本の夕焼け」。それだけに日本人が思わず懐かしさを感じてしまうことは必至の仕上がりとなっている。

ヒロとベイマックスの出会い!映画『ベイマックス』本編映像

 『ベイマックス』は、人々の心とカラダを守るために作られたケア・ロボットのベイマックスと、最愛の兄を失った天才少年ヒロが繰り広げるアドベンチャー。日本人を思わせる主人公の名前や、東京とサンフランシスコを融合したかのような架空都市・サンフランソウキョウを舞台にしている点など、ディズニーの日本愛の強さが話題を呼んでいる作品だ。

[PR]

 サンフランソウキョウは「光」に強いこだわりをもって描かれており、昼間の強く真っ直ぐな光のイメージはサンフランシスコから、夕方から夜のファンタジックな光のイメージは日本から取ったという。クリエイターメンバーと共にリサーチのため来日したドン・ホール監督は「僕らが見た日本の光はとても美しかったんだ。ネオンの光も含めてね。東京はとてもモダンでクールなテクノロジーがあり、サンフランシスコの特徴的な土地と混ぜ合わせることでとてもクールで興味深く、新しい独創的な世界が作れると思ったんだ」と明かしている。

 そんなホール監督が「このポスターは映画のストーリーをしっかりと照らしていて、わたしたちが映画の核だと思っていることそのもの」と表現する今回のポスタービジュアルは、夕日に照らされたサンフランソウキョウでたたずむヒロとベイマックスを捉えたもの。悲劇的な喪失を味わったヒロと、ベイマックスの関係がどのように発展するのか……感動的なストーリーに期待がかかる。

 また、実はこの街のコンセプトアート作りには、『コララインとボタンの魔女 3D』でコンセプトアートを手掛け、日本人で初めてアニメーション界のアカデミー賞といわれるアニー賞の美術賞に輝いた上杉忠弘が参加している。ホール監督は「日本の文化を描くために、正しい知識とアーティスティックな感覚を持った日本人にどうしても協力してほしかったんだ。そこで世界的に有名なタダヒロ・ウエスギに助けてもらったんだ。彼は遠く離れた日本からこの作品に参加してくれた。本当にラッキーだったよ」と本作における上杉の貢献度の高さについて語っている。(編集部・市川遥)

映画『ベイマックス』は12月20日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]