ブラッド・ピットが映画『ロボポカリプス』の原作者と新作でタッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブラッド・ピット - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 ブラッド・ピットが、スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛ける予定の映画『ロボポカリプス(原題) / Robopocalypse』の原作者ダニエル・H・ウィルソンの新作「アルファ(原題)/ Alpha」の映画化権を取得し、映画化を進めていることがEmpireによって明らかになった。

【動画】ブラピ主演『フューリー』予告編

 本作は、ブラッド・ピットの製作会社プランBがライオンズゲイトのもと製作する予定の作品で、監督はこれまで短編作品を主に手掛けてきたカナダ出身のアンソニー・スコット・バーンズが長編デビュー作として挑戦することになった。「アルファ(原題)」はダニエル・H・ウィルソンが自ら書き下ろした脚本で、そのストーリーは今のところ明確にされていないが、Sci-Fiのサバイバル作品で、作家ジャック・ロンドンの作品のテイストに似ているそうだ。

 もっとも、スピルバーグ監督がメガホンを取る予定の『ロボポカリプス(原題)』は、製作費が掛かりすぎることを理由に製作が延期になっているため、ダニエル・H・ウィルソンにとっては今作を成功させて、『ロボポカリプス(原題)』の製作も再始動させたいところだろう。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]