太田光、日本映画の海外映画賞受賞に「それが何?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本映画界の風潮に不満顔の太田光

 爆笑問題太田光が1日、都内で行われた高畑勲監督作『かぐや姫の物語』DVD&ブルーレイ発売記念イベントに出席。近年日本映画界が海外の映画祭で賞を取ったことを一番のセールスポイントにする風潮に「それが何?」と不満の表情を見せた。

映画『かぐや姫の物語』場面写真

 本作は日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫の知られざる心情や謎めいた運命を水彩画のようなタッチで描いた劇場アニメ。第87回アカデミー賞長編アニメ賞の審査対象20作品の中の1本でもあるが、太田は「(本作の)一番の売り文句に『アカデミー賞にノミネートされています』と付くとしたらそれはあまりにも高畑勲に失礼」と日本の古典をモチーフに日本語で作られた本作の評価が米アカデミー賞受賞か否かで騒がれることに不満顔。

[PR]

 「ここのところ日本映画は『外国で賞取りました』っていうことをすごく売りにするけど、『それが何?』っていうところが俺にはある」と太田。「僕は落語が好きだけど、日本語のわからない人に落語はわからないと思っていますよ。『(立川)談志さんの落語のすごさとか外国人にわかってたまるか』とか思うし、わからせたいとも思わない。日本人の客が感動しているんだからそれで十分じゃないって思うんです。(映画界は)あまりにも世界、世界って言いすぎ」と発言。「外国の人が日本の富士山を見て感動するのは当たり前のこと」と“クールジャパン”を売りに海外評価を騒ぐ映画界の傾向に疑問を投げ掛けた。

 太田はスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーに任命され本作の“特命コピーライター”を務めたが、「いろいろ考えていたけど、鈴木さんに誘導されちゃって」とコピーの仕事を苦笑いで述懐。「もののけ姫よりかぐや姫」など太田らしいアイデアも多数出していたというが、最終的に「あゝ無情」で落ち着いたと報告。「鈴木さんがこれでいいって言うなら文句ない」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『かぐや姫の物語』DVD&ブルーレイは12月3日発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]